« 寝顔 | トップページ | 7歳になりました☆ »

2009年8月17日 (月)

ヒロと肝臓疾患

ヒロと日本動物高度医療センターに行ってきました。

本日は肝生険「Tru-cut」を行う日です。

☆(肝生検(針生検)とは、肝臓に針を刺して組織や細胞を採取し、顕微鏡で細かく

観察する検査です。

血液検査や超音波検査、CT検査とは違い、肝組織を直接目で観察できるので、最

も確実な検査法の一つとされています。そのため、慢性肝炎や肝硬変の確定診断

に広く用いられています。)

まず始めに血液検査をして、血の凝固検査をします。

前回は血の凝固作用が悪く、ビタミンKを飲んで補いましたcatface

結果しだいでは「Tru-cut」を行う日を延ばさなくてはなりません。

↓結果待ちする間、ラウンジにて

Photo

ちょっと、興奮気味・・・舌が長~い。

Photo_2 Photo_3

そのあと大分落ち着いてきて、ときどきウトウトしていました。

☆★血液検査の結果★☆                                    (数値は3ケ月前→4回前→3回前→2回前→1回前⇒今回の数値です)

   ALT(通常17~78)(疾患:肝細胞障害)
    986→599→482→933⇒542⇒432

   AST(通常17~44)(疾患:肝細胞の壊死)
     173→172→139→361⇒179⇒154

   AL-P(通常47~254)(疾患:胆肝炎、胆汁うっ滞)
    1185→665→643→745⇒553⇒373

   アルブミン(通常2.6~4.0)(肝臓の機能に関わる)                                 →   前回2.5→今回2.2

   炎症や壊死数値が下がっていました☆

それに反比例するかのようにアルブミンや、血糖値、総コレステロールも

下がってしまいました。何を意味するかというと・・・

肝臓の機能が低下しているということなんです・・・

機能が低下するにしたがってアンモニアも上がってきています。

肝臓の再生機能も落ちているんでしょうね。とても辛い現実です。

 このあと、14~15時に全身麻酔で「Tru-cut」を行いました。

完全に麻酔が覚めない場合は入院に、出血が止まらない場合は開腹して止血という

ことでした。

この間、ラウンジで待っていたのですが、本当に長かった・・・

携帯に連絡が来たのは17時27分。完全に麻酔から目覚めたと言われたので急いで

1階へ向かいました。

第一診察室へ行って、ヒロの元気な姿を見た時は、本当に安心しました。

今回は2か所の肝臓を取ってきたようで、見せてもらいましたが、わりとグロイ・・・

先生から「今日は全身麻酔したので、吐くかもしれないから、ご飯を控えめに」と色々と

説明を受けている間も、ヒロはひたすら鳴いてました。

タクシーの中でも電車の中でも、鳴いてました・・・よっぽど嫌だったんですね・・・

これが最後の検査にしたいと心から思います。

そして、結果悪いもので無いことを祈るばかりです。

 そして帰宅したヒロは、まずトイレ・・・家で無いとトイレが出来ないので、ずっと我慢

しているので、かなりトイレ長いです。

さらに腹ペコなのか、ものすごい食欲!控えめにといわれていたのに・・・

 

|

« 寝顔 | トップページ | 7歳になりました☆ »

肝臓疾患」カテゴリの記事

コメント

高度医療センター・・・・懐かしいというか・・・・
そのラウンジ、思い出します。

クッキーもヒロ君と同じく、着いてから帰るまでずーっと泣いてました。。

ヒロ君の結果が良い結果であるよう、祈ってます♪

投稿: アンぽん | 2009年8月18日 (火) 17時57分

アンぽんさんと同じく・・・わたしも懐かしい?
といいますか、ずい分長くあのラウンジでひたすら
待った記憶があります。

銀芽も最初のCT検査のあと、帰宅してから、すぐにゲボしてました・・・ガツガツお水を飲んで。

アンモニアね~~~思い出しましたよsweat01
もうつらい思いはたくさんだね。
いい結果が出て楽になるといいけど・・・つらいね。

投稿: 芽紅蘭ママ | 2009年8月18日 (火) 23時07分

アンぽんさんへ
やっぱり、クッキーちゃんも相当不安だったんですね。
まして、遠くから来たのですから大変でしたね・・・
あの病院、辺鄙なところにあるから周り何もないですしラウンジでひたすら待つしかないんですよね~
駅が近ければ良いのにって、いつも思います。
ヒロの事心配してくださって有難うございますhappy02

投稿: あゆ | 2009年8月23日 (日) 08時48分

芽紅蘭ママさんへ
アンぽんさんも、芽紅蘭ママさんも、あのラウンジで不安な時を過ごしたんですね。
あそこ午後6時過ぎると誰も居なくなるんですよ・・・
すごい寂しい。最後の患者は私とヒロだけですもの。
芽紅蘭ママさんも、いつも心配してくれて有難うございます。皆さんの優しさが伝わるたびに、頑張ろうって元気につながります。

投稿: あゆ | 2009年8月23日 (日) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243039/31004858

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロと肝臓疾患:

« 寝顔 | トップページ | 7歳になりました☆ »